使える英会話表現

オーストラリアで結婚した息子夫婦に贈ったギフトが思わぬ誤解を生んだ!?

投稿日:

 

今回は英語はあまり関係ないかもしれませんが、海外の結婚にまつわる習慣のお話です。

私はオーストラリア人と結婚して現在オーストラリア在住ですが、自分の結婚式と息子の結婚式を経験しました。

今回は息子夫婦が結婚した時のエピソードです!

Irish_Green
結婚に関連する英語が学べる記事はこちらをどうぞ!
関連記事
オーストラリアの結婚制度で学ぶ、婚約・結婚に関する英単語集!

今回は婚約・結婚にまつわる英語を学んでいきましょう! 以前にギリシャ正教会の結婚式に招待された経験から、結婚式に関する英語記事を書きましたが、今回は海外での結婚制度に関する話題中心です。   ...

続きを見る

関連記事
海外結婚式はスタイルもいろいろ!ギリシャ式ウェディングを例に結婚式にまつわる英語を学ぼう

今回は、結婚式にまつわる英単語・英語表現についてです。 結婚はどこの国でも人生の一大イベントですが、外国だと日本とはスタイルも随分違って、戸惑うことも多いんですよね。 しかもオーストラリアのような移民 ...

続きを見る

関連記事
結婚するカップルに英語でメッセージカードを贈るときに使える例文集!

今回は結婚するカップルに贈るメッセージカードに添える英語メッセージ例文集です。 自分の体験から、国際結婚についても少し触れています。 国際結婚ではギフトとメッセージカードが大事な証拠になる! 海外の結 ...

続きを見る

外国人と結婚することになった息子と息子のお嫁さんとのエピソード

オーストラリアで知人が結婚式を開くと聞いたら、まずお祝いのメッセージとギフトの準備を考えます。

結婚するカップルのことを考えながらあれこれギフトを選ぶのもなかなか楽しいものです。

ところが自分の息子が結婚することが決まった時、私たち夫婦に知らせてくれたのはかなり直前になってから、なんと結婚式1週間前でした!

当時すでに息子とお嫁さんは一緒に住んでいたのですが、用事があって息子と会った時に彼がボソッと

“I am now engaged to (彼女の名前).”

と言うのです。もともと物事をはっきりとは言わず、婉曲的に伝えるタイプの息子です。

Irish_Green
ん??あなたたち、結婚するの??

私はすぐに理解しましたが、一緒にいた主人が状況を把握するのに時間が掛かりました。

情報処理が追いつかず、おめでたいことなのに気の利いたことが言えないわけです。

また息子も察していますが、主人は二人の交際にちょっと反対気味でした。

私としては、とりあえず「教えてくれてありがとう、あなたからの決意をしっかり受け取りましたよ」というacknowledgementが何より大事派なので、すぐにギフト選びをしました。

彼らの結婚の決意がポジティブかネガティブか私が判断することではないですし、ちょっとネガティブがかっていても、ポジティブに彼らが舵取りできるように後押しするのがギフトだと思っているからです。

実は息子のお嫁さんになる女性は、ヨーロッパから息子と結婚するためにわざわざオーストラリアに移住(migration)してきたという事情があります。

私も結婚を機に移住を選択したということもあり、とても彼女にシンパシーを感じてしまい、できる限り彼女の肩を持とうと思ってしまいます。

ちなみに移住者を表現するときに、移民(immigrant)は使わないようにしましょう。

特にオーストラリアでは侮蔑の意味を含んでいます。

白豪主義が昔あった国です。白豪主義は有色人種排斥の意味もありますが、イギリス人が優位で、その他の英語を母国語としない白人は猛烈にイジメにあった過去があります。

さてヨーロッパからやってきた外国人女性と結婚することになった息子殿。

彼らの門出を祝うにふさわしいギフトは何だろうかと考えました。

そしてギフトに選んだのが、パールのロングネックレスでした。

私が若い頃に購入したものです。ちなみに2〜3万円の品物ではありません。ちゃんとした宝飾店で購入したものです。

ベビーパールが何連にも連なっており、清楚さを感じるデザインだったので若い花嫁の門出をお祝いするのにピッタリ!しかも背の高い彼女によく似合うロングネックレス、と私はウキウキしながら包装をしてメッセージカードを用意しました。

“Congratulations. Best wishes on this wonderful journey, as you build your new lives together. ”

結婚式前日に息子殿にギフトとメッセージカードを手渡しました。

さて結婚式当日です。

朝から息子よりメッセージの着信がありました。

“She is very moved by the gift but she is superstitious. She might not choose that pearl necklace today.”

(ギフトにすごく感動しているよ。でも迷信深いから今日はあのパールネックレスを着用しないかも。)

Irish_Green
ん??どういうこと?

彼女がヨーロッパでまじないをかけるジプシーを見てきた経験から、路上に落ちているものを拾うと悪運(ジプシーが仕込んだ、という意味で)がついてくる、とよく話していたのを思い出しました。

さらに私がチャリティーの運営する、コニュニティの不用品などをリサイクルするお店をよく利用していたので、出どころが不詳なパールネックレスと思って心配しているのかと思いました。

そこですぐに「あれは私自身の所有物で、若い頃に正規の宝飾店で購入したものだから大丈夫よ!」と息子に伝えました。

ところが今度は、

Irish_Green
あれ?もしかして今日パールネックレスを身につけないと私の顔を潰すことになる、と心配している?

と不安になってきました。こういうことは考えだしたらキリがありません。

Irish_Green
あれ?私がパールネックレスをギフトで渡したのは、これが絶対にオススメだからドレスに合わせて着用すべき!と私がゴリ押ししたと思ってる?

なんて考えまで浮かんできました。

息子殿、あれは深い意味はなくて、ただの門出を祝うギフトなのよ。。。

そこで彼らが宿泊しているホテルへ行くと、お嫁様が、私からのギフトのネックレスを身につけて登場。

そして「本当は祖母から受け継いだ一粒パールのネックレスを着用しようと思っていたのよ!このロングネックレスを今日選んだのは重大な決心だったのよ、私からすると!」と一気にまくし立てるのです。

その剣幕に、

Irish_Green
あれ、もしかして怒ってる?

と不安になりましたが、勢いがあるだけで、実は怒っていた訳ではありませんでした。彼女は単に事実を私に述べていたのです。

主人からすると「彼女の装いにピッタリ似合ってたじゃん、だから選んだんだよ」ということで何の問題もない、という見立てでした。

きっと結婚式当日に彼女の胸の中にいろんな思いが去来していたのでしょうね。心配無用でした。

ちなみに息子夫婦と私達は、全く違う価値観の中で生きているのですが、全く違う、というところが功を奏するのか、私達の人生の選択やライフスタイルの一番の理解者です。

息子夫婦の気持ちに私達の提案が合わないとき、私達に失礼のないように、とか敬意を払わなくては(respectful)、という心遣いから、外交的な手腕に優れた(diplomatic)息子がやんわりとした言い方で、彼らの方針を伝えてきます。

時々やんわりすぎて意図がつかみにくいことがあるのが玉に瑕ですが...。

今回は以上です。いかがでしたか?お役に立ちますように!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アイリッシュグリーン

アイリッシュグリーン(Irish_Green)

神戸の大学を卒業後、小売、秘書、広報、航空業界に携わる。シンガポール、およびオーストラリア在住歴合わせて10数年。結婚を機にオーストラリアへ移住、現在はオーストラリアと日本を往復する生活を送る。日本ではスローライフ用の自宅をリノベーションしつつ、ビジネス英語に関する情報を執筆中。

-使える英会話表現
-

Copyright© 本気のビジネス英会話 , 2019 All Rights Reserved.