スピーキング・英会話

英語脳を鍛えるトレーニング方法!英語の語順を変えずに理解する!

投稿日:


「英語脳」という単語を最近よく耳にします。

これは英語をいちいち日本語に訳して理解するのではなく、英語を英語のまま理解するということなのだそうです。

英語を英語のまま理解する!?

イマイチどういうことかよくわからない、と思った人は1人や2人ではないはず。

私自身も分かるような分からないような、そんな感覚です。

英語を英語のまま理解すると言われても、日本人である私たちがネイティブのように考えるのは非常に困難です。

しかし、ノンネイティブとして、ある程度のレベルまで「英語脳」を身に付けることは、実はそこまで難しくありません。

そしてこの「ある程度英語脳を身に付ける」ということは、英語習得には非常に効果的です。

今回は、英語力をアップさせるための英語脳の鍛え方を共有したいと思います。

英語脳取得の妨げとなるのが日本語の語順!


多くの方は、中学校で初めて英語を習ったと思いますが、その時のことを思い出してみてください。

多かれ少なかれ、日本語の語順を英語の語順に直すのに苦労したのではないでしょうか。

そう、他の言語に比べ日本語は英語とあまりにも語順が異なっているのです。

これが日本人が英語脳を手に入れにくい主な原因となっています。

例えば、「私はバナナを食べた」という日本語を英語に訳すと、

I ate a banana.

となります。

非常に簡単な文章ですが、今度は英文を語順通りに日本語に訳すと

私は/食べた/バナナを

となり、これだけでも日本語の語順と異なることが分かります。

この例のように非常に簡単な文であれば、語順が異なっていても意味を理解できると思います。

でも、語数が増えた複雑な文章ならどうでしょう?

はたまた、書き言葉ではなくて、話し言葉なら??

多くの日本人は、英語を理解する際に日本語の語順に入れ替えをしてから理解しようとしますが、この作業の最中に本来の意味を見失ってしまうことがあります。

会話の場合は頭の中でいちいち語順を入れ替えていたら、一瞬で話についていけなくなってしまいます。

それならばいっそ、英語の語順のまま日本語で理解するという作業をしてみてはいかがでしょうか?

これが英語脳を手に入れる第一歩です。

そしてこの、「語順を変えずにそのまま理解する」という作業はトレーニングによって鍛えることが出来ます!
 

英語の語順のまま日本語に訳して英語脳を鍛える


先ほどの文章を例に、語順通りに理解する練習してみましょう。

I ate a banana.

→私は食べたよ、バナナをね。

一昔前のアップルのCMのような感じになりましたが、意味を理解するだけなら何ら問題はありません。

学校のテストでこのように書いたら点数をもらえないかもしれませんが、これはあくまで練習です。

ここで重要なのは、主語のすぐ後に動詞が来ていることです。

中学・高校でみっちり英語を勉強された皆さんは『何を今さら』と思うかもしれません。

言いたいこと=動詞がまず真っ先に来て、それからそれに対する説明が付け足される。

これこそが英語脳の感覚なのです。

あまりピンと来ない方は上の文をateとa bananaの部分で区切って読んでみてください。

I ate / a banana.

I ateで止めてみると『何を食べたのだろう?』と気になりませんか?

もやもやしたところで、a bananaという説明を入れることによりスッキリと文が完結する感覚を得られればOKです。

他の例も見てみましょう。

I have / two dogs.

私は所有している/二匹の犬を

まずは『私は所有している』と言い切ってみてください。

『何を?』と感じたところでtwo dogsと続けて文を完結させてみる。

まずはこれを繰り返してみてください。

上の2つの例のように、まずはSVOの文型で練習をしてみるとよいでしょう。

次はSVOOの文型についてです。

I gave him some money.
私はあげたよ、彼にいくらかのお金をね。

これも区切ると、

I gave / him / some money.

となります。

私はあげたよ⇒誰に?⇒彼に⇒何を?⇒いくらかのお金を

このように間に疑問の言葉を挟むとより理解が深まるかもしれません。

続いてSVOC文型です。

I saw her standing there.
私は見たよ、彼女がそこに立っているのを。

I saw / her / standing there.

私は見たよ⇒誰を?⇒彼女を⇒何しているのを?⇒そこに立っているのを

厳密に言うと"立っている"と"そこに"の語順を入れ替えてしまいましたが、そこはフレキシブルにいきましょう(笑)。

ちなみにこの英文はビートルズの曲のタイトルから拝借しました。

これまでは基本文型について練習をしてきました。

さてここからは節を含んだ、少し複雑な文について進めてみましょう。

複雑になっても基本は同じ。

語順を変えずに前から訳します。

They are men who I talked to in the book store.
彼は男たちだ、私が話した、本屋さんでね。

少し日本語が乱れてきましたが何とか意味は通じます。

これも同様に区切ってみましょう。

They are men / who I talked to / in the book store.

彼は男たちだ⇒どんな?⇒私が話した⇒どこで?⇒本屋さんで

特に関係代名詞が含まれる文章では修飾する語/される語の位置関係を見失いがちです。

このような練習を続けることにより苦手が克服できるようになります。

ちなみに、上の例は関係代名詞の制限用法ですが、whoの前に",(カンマ)"を付けると

They are men, who I talk to in the book store.

という非制限用法の文となります。

日本語訳は彼は男たちだ、私が話した、本屋さんでねと全く同様になります。

ただし制限用法の場合は私が話した"men"は彼ら以外にもいるかもしれませんが、非制限用法の場合はここで見かけた彼らしか"men"はいません。

訳には現れにくい意味の違いがあるので注意しましょう。
 

まとめ

英語の語順を変えずに不自然な日本語でもいいからそのまま理解する。

このような学習法は、実は賛否両論あります。

特に、きれいに訳すことを求められる受験英語では敬遠されます。

実際日本語訳も自然な形とは言い難く、逆に混乱する人もいるかもしれません。

ただ、受験のためではなくて

英語を実用的に使いたい・会話での英語を理解したい!という人には有効なトレーニング方法だと思います。

英語脳の鍛え方についてはこちらの記事にもまとめました。

https://xn--u9j3hd3f2a3267bih9a1hipz5cvxp.com/post-673/

https://xn--u9j3hd3f2a3267bih9a1hipz5cvxp.com/post-1034/

トレーニングで英語脳を鍛えて、実用的な英語力を身に付けましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
MENLO

MENLO

TOEICは独学で800点を超えたけど、英会話が全くできなかった30代中堅サラリーマン。英語コーチングスクールに通って猛勉強したのを機に、さらに英語力に磨きをかけてキャリアアップのための転職を目論む。

-スピーキング・英会話
-

Copyright© 本気のビジネス英会話 , 2019 All Rights Reserved.