コーチングスクール

やっぱり独学では無理!?英語コーチングスクールだと挫折しないスゴイ仕組みとは?

投稿日:12/07/2017 更新日:


英語学習に興味がある方ならご存知だと思いますが、世間には英語を独学で勉強して、かなりのレベルに達している人たちがたくさんいます。

ネットで少し調べれば独学でTOEIC900点!とか英検1級!とか、スゴイ人たちがいっぱいいて、しかもそういう人たちの多くは自分の独学ノウハウや学習継続のコツをブログなんかで無料公開しています。

そういった記事を読んでると

MENLO
自分も独学で出来るんじゃないだろうか?頑張ってみるか!

という気になりませんか?

でも実を言うと、そういった英語独学成功者よりもはるかに多くの英語挫折組がいます。

何を隠そう私自身も独学しようとして挫折した口です。

MENLO
英会話を自分で勉強しようとしましたが、全くモノになりませんでした...。

そんな私の救世主となったのが英語コーチングスクールです。

英語コーチングスクールとは、日本人の専属コーチがマンツーマン指導で英語学習をサポートしてくれる、新しいタイプのスクールのこと。

私はビジネス英会話を身に付けるために英語コーチングスクールに通い、2か月間みっちりと勉強して英語が話せるようになった経験があります。

英語コーチングスクールには、独学では挫折やすい英語学習を継続できるような仕組みがあります。

今回の記事では、英語コーチングスクールに通った私の経験から、コーチングスクールだと挫折しないで英語学習が続けられるヒミツを暴いてみたいと思います。

明確な目標設定とタイムライン


私は人気コーチングスクールのPROGRIT(プログリット)のビジネス英会話コースへ2か月間通いました。

関連記事
PROGRIT(プログリット)を修了したけど効果はあったのか?経験者が全部語ります。

MENLOこんにちは。私は英語コーチングスクールのPROGRIT(プログリット)で2か月間の「ビジネス英会話コース」を受講しました。この記事ではプログリットを修了した30代中堅サラリーマンである私が、 ...

続きを見る

プログリットに入学することを決める前に複数の同じようなコーチングスクールで無料説明会に参加しましたが、ほぼすべてのスクールで最初に学習の達成目標を明確に設定することを求められました。

TOEICなどの試験のスコアを目標にするのが一番具体的でわかりやすいですが、そうでなくても「英語で世間話を5分間できるようになる」とか、「300ページの英語小説を辞書なしで読み切る」とか、そんな感じでもOKみたいです。

そしてこの目標をいつまでに達成するか、明確なタイムラインを決めます。

英語コーチングスクールでは時間のリミットを決めることで、目標達成のためにはいつまでに何をすればいいのかをあぶりだすことが出来ます。

ちなみに実力を測りにくい英会話力の場合、1分間に何センテンス話せるか?を目標にすることが出来ます。私の場合、プログリットで1分間に10センテンス話せるようになることを目指しました。

これがノンネイティブとしてビジネスで英会話を使えるようになる目安だそうです。

英語力の現状の把握


英語コーチングスクールでは、現在の自分の英語力を知ることからプログラムが始まります。

コーチと一緒に自分の現状を徹底的に分析して、目標達成までに何が必要なのかを洗い出すのです。

英語がなかなか身に付かない理由の一つに、やるべきことをやっていないという理由があります。

リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングのうち、何が出来て何ができないのか?それはなぜなのか?単語力がないのか?文法ができないのか?

徹底的に分析することで、目標を達成するためにやるべきことが明確になり、無駄なことに時間を割く必要がなくなります。

一般的には「英語が話せないならとにかくネイティブとの会話レッスン!」というイメージがありますが、なぜ話せないのか?相手の話が聞けてないのか?頭の中で文を組み立てられないのか?語彙が足りないのか?を分析しないと、いくら会話レッスンを積んだところで無駄になる可能性があります。

 

目標達成までの細かなロードマップ


英語コーチングスクールでは、現状分析で自分がやるべきことを洗い出したら、最終的な達成目標に至るまでの細かなロードマップを描きます。

例えば3か月後にTOEICスコア100点アップを目指すなら、最初の一月で何をするのか、次の一月で何をするのか、そして最後の月は何をするのかといった感じです。

途中途中で達成すべき小さな目標を設定するのも、挫折せずに学習を継続させるコツです。

一番簡単で手っ取り早いのは「学習量」を目安にすることです。

2週間後までにテキストを〇〇ページ勉強する、英語学習を〇〇時間やる!といった感じです。

英語コーチングスクールでは、達成可能な細かな目標を設定し、小さな成功体験を積み重ねていくことでモチベーションを維持していきます。

学習効果を実感


モチベーション維持には、頑張った分だけ伸びているという学習効果を感じることが大事です。

やっぱり人間は努力したら報われたい生き物なんです。

それなりに見返りがないと、長続きしません。

コーチングスクールの場合、定期的に確認テストがあり、自分の学習効果を確かめることが出来ます。

またコーチの人が客観的に英語力の伸びを評価してくれることで、学習効果を感じられるという側面もあります。

応援してくれる人がいる


英語コーチングスクールの一番の特徴は、なんといってもコーチの存在です。

コーチは生徒の英語学習を総合的にサポートしてくれるのですが、大変な学習を一緒に頑張ってくれるパートナーのような存在です。

あなたの学習を応援してくれる人がいるというのは、学習継続をするための心強い支えになります。

まとめ

英語コーチングスクールが挫折しない仕組みは、多くの人がなぜ学習を続けることができないのか?を徹底的に分析したうえで作られているのです。

私の場合はどうしても使えるビジネス英会話を身につけたくて、最初は自分一人で勉強してみました。

もちろん、英語独学成功者たちのブログも読み漁りました。

成功体験を読んでいると

MENLO
なるほど!これなら俺でもできそうじゃん!

って思うんですよね。

でも実際やってみると1か月も続かずに挫折しちゃって、

MENLO
なんて意志が弱いんだ。。。

と自己嫌悪に陥って、モチベーションが劇的に下がります。

そんな現状を何とかしたい!絶対に使えるビジネス英会話を身につけたい!と思い、私は2か月間英語コーチングスクールに通ったわけです。

みなさんも独学で挫折したらコーチングスクールの門をたたいてみるのもいいかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
MENLO

MENLO

TOEICは独学で800点を超えたけど、英会話が全くできなかった30代中堅サラリーマン。英語コーチングスクールに通って猛勉強したのを機に、さらに英語力に磨きをかけてキャリアアップのための転職を目論む。

-コーチングスクール
-, , ,

Copyright© 本気のビジネス英会話 , 2019 All Rights Reserved.